精密機械の工場での仕事内容

ジャパン・クオリティの原点がここにある!精密機械工場のリアル

時代は腕時計やデジカメへ!ものづくりの変遷と精密機器工場

日本の伝統的なものづくり文化は、令和の現在、OA機器を代表する我が国のハイクオリティな精密機器に受け継がれています。 精密機械工場での仕事はそんな「ジャパン・クオリティ」を支える大きな原動力です。 余り知られていない工場の仕事ですが、精密機械工場で働くリアルはどんなものなのか、まずは『入門編』です。

手作業の細やかさが光る!ものづくりの原点、日本の精密機械工場

世界的に見ても極めて高度な日本の技術力は「メイド・イン・ジャパン」という一言に集約されています。
最近、そんな「ジャパン・クオリティ」を根本から支える工場での仕事が改めて見直されるようになりました。
以前は「ブルーカラー」といわれていた工場での仕事も、プライベート最優先な若い世代を中心に、安定して長く働ける職場として再評価されています。
他業種と比較しても、ある程度学歴関係なく広く求職者に対して門戸が開かれ、努力次第でステップアップも可能な工場の仕事は、今や安定収入とカレンダーとタイムカードとで労務管理された勤務体制によって、残業や休日出勤も殆んどなく、仕事の性質上煩わしい人間関係に悩むことも少ない非常にホワイトな職場といえるでしょう。
昔の工場勤務に必須だったフォークリフト資格・電気工事士・危険物取扱者の「三種の神器」に加え、最近は理工系大学卒の若い男女が、マイクロソルダリング技術者・CAD、そして労務管理資格としての安全管理責任者を取得し、正社員として勤務するケースが急増しています。
とりわけ、腕時計やカメラ、パソコンなどのOA機器の組立、検品がメインの精密機械工場におけるライン工の仕事は非常に人気も高く、大手メーカーの工場ではなかなか正社員の求人が出ないと、求職中の応募者が口惜しがるほどだといわれます。
かつての工場で扱っていたのは自動車やバイクといった大型工業製品が主体で、相当な重量がある製品を安全に組み立てるには体力のある男性ではないと無理だといわれてきました。
しかしながら近年、作業工程の自動システム化が導入され、扱う製品も小型精密機器が主体になってきたこともあって、自ら工場での勤務を希望する女性も増えつつあります。
中には、就職後のキャリア養成の機会や福利厚生制度を整え、若者や子育て世代のニーズに応え、様々な支援に積極的に取り組む事業所も登場し、今後の展開が注目されています。

実は高収入で好待遇なラインの仕事は魅力がいっぱい!

きつくてつらい仕事だと誤解されがちな精密機械工場での仕事ですが、働いてみると思わぬ魅力がいっぱいあります。 精密機械工場のラインで働くメリットはどんなところか、待遇や将来性はどのようなところか徹底検証しました。 就職や転職を検討中のあなたも要チェックです。

工員のリアル!ジャパン・クオリティを支える素顔を大公開

ものづくりの国日本には、製品輸出において世界有数のシェアを誇る精密機械工場が多数存在します。 魅力溢れる精密機器工場で、最先端の技術を身に着けつつ、即戦力として働くにはどのような資格を取得しているとより有利なのでしょうか。 精密機器工場で実際に働いている人の姿にも迫りつつ検証します。

TOPへ戻る