ジャパン・クオリティの原点がここにある!精密機械工場のリアル

実は高収入で好待遇なラインの仕事は魅力がいっぱい!

朴訥で真面目な人ほどライン工程で活きる

工場での仕事で最も特徴的且つ魅力的な点は、朴訥な人でもその良さが活かせるという部分です。
シャイで口下手な人にとって、言葉によるコミュニケーションが不可欠で、且つマルチタスクな能力を求められるような職場はとてもつらい場所になりがちですね。
しかし、精密機械工場のライン工程で働く人が一番重視される能力とは「正確で速い作業」ができるか否かです。
つまり、時間内に定められた作業さえきちんとできれば、言葉少なで多少コミュニケーションが苦手であっても特に問題にはなりません。
いわゆる職人気質の人が能力を十二分に活かせる場所が工場での仕事だといえましょう。
昔から職場で最もつらいのは人間関係だとよくいわれてきました。
特に男性は会話が苦手な人が多いといわれますが、そんな人が自身を活かす職場として、精密機械工場での仕事を選択肢の一つにするのは多いにアリでしょう。

定時帰宅に安定収入!魅力溢れる工場の仕事

昨今、ワーク・ライフ・バランスの重要性が叫ばれています。
勤務体制がタイムカードで完全管理され、定時できちんと帰宅できる工場の仕事は、自分らしい生活を考える上でもその良さが再認識されています。
昭和からバブル期にかけ、工場勤務は低学歴・低収入の職業だと見做されていたのも事実です。
しかし、最近の工場では大卒の技術者も増えました。
一方で、中卒や高卒の学歴であっても努力次第で正社員に登用され、昇進のチャンスも掴める夢のある職場として見直されつつあります。
正社員であれば給与保証や賞与もあり、大手メーカーは特に好待遇です。
結婚し、家庭を持つ工員も少なくはありません。
職人気質の人が重宝される工場の仕事では、コミュニケーション能力に自信がなくても、正確且つスピーディな作業を徹底することで高評価が得られます。
日本の高度なものづくり技術の根幹を支えるという誇りは、働く人の士気をさらに高めてくれることでしょう。


TOPへ戻る