>

長期事業の資金調達するには

こんな方法があるの?長期事業者へおすすめの資金調達を公開!

エリアによって事業者向けの制度がある?

新規事業主は必見?

アナタは助成金、または補助金という言葉を知っていますか?
住んでいる地域や展開する事業によって自治体や起業が資金をサポートしてくれるのですが、実際はあまり利用されていないケースもあります。せっかく事業展開するのであれば、自分に有利な制度はしっかりと使っていきたいと思いませんか?
助成金や補助金の良いところは、融資と違って返済の必要が無い点です。ちなみにエリアによって展開しているサービスはもちろん、事業ごとや女性を応援するためのサポートをしているところもありますので住んでいる地域の補助金や助成金をまず調べてみましょう。
申請期間やタイミングが厳しい場合もありますので、普段から逐一チェックし、事業展開のタイミングを合わせるのも良いですね。

デメリットもあるのです

返済の必要がない創業助成金ですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
そもそもこの制度は、とても厳密な審査があり準備しなければならない書類や手続きが多々あります。また補助されるのは採択を受けた後にかかった経費のみである事がほとんどなので、採択前の備品や経費は対象外です。
補助制度によっては収益状況により補助金の返還を求められたり、事業完了後も5年間にわたる報告義務があったりとかなりの手間や労力が発生します。これらを踏まえた上で、どうしても資金繰りが厳しいという場合のみに頼る様にしましょう。
補助について不明点がある場合は、専門にサポートしてくれる企業もありますので相談から始めるのも良いといえるでしょう。


このコラムをシェアする